piroropi’s room
ぴろ夫と ろぴ子と ぽぴちゃんの暮らし
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
SEARCH
みんなのブログポータル JUGEM
<< リネンの大きめバッグ | main | トミカ博 >>

秋田〜北上へ

 8月上旬に、道の駅巡りをしてきました。
今回は、雫石から、なかせん・せんなん・さんない・錦秋湖を巡る旅です。

ついでに、角館とかにも寄ってみようと話していたのですが、、
でも、実は私、前日に夜更かししてしまい、、
車に揺られているうちに、爆睡、、ピピも車内で寝てしまっていたので、結局、
ただ道の駅だけ寄って帰ってくるだけの旅になってしまいました。。
ぴろ夫さんがひたすら運転して、スタンプを集めてきてくれました☆

まず、雫石あねっこで、お昼にそばを食べ、、アイスを3人で1コつついてお腹を満たしました。
そして、道の駅なかせんへ。
私たちが寝ていたので、角館はぴろ夫さんが車で一周して来たそうです。





米俵のうえにおじさんが腰掛けているオブジェ。。
ドンパン節の里と書いてありましたが、なんのことかわかりません〜
隣には、米の資料館のようなものもありました。
この日は、この夏一番の最高気温と言われていた日で、、
車から出たくない日でした〜〜。
ピピが寝ていたので、代わりばんこに店内を眺めてきて終了。。


次は“せんなん”へ。






暑くて、車の中から撮りました。。
後三年の役の地だそうです。源義家のようです。
戦のときに、雁の群を利用したことから、雁の里とのこと。。


お次は、“さんない”へ
ようやくピピも目を覚ましました。





入り口に恐竜のオブジェが。。
これ、電動で首が動くのです。。
ピピ、怯えまくって、すっごく遠回りしてようやく店内に入りました。

この道の駅の、道路を挟んだ向かい側に、木工の店がありました。
地下通路を通って、そちらにも行ってみました。



なかなか楽しい店でした☆


最後は錦秋湖。
何もない山の中にぽつんとあります。
山菜とか売ってました。





外の街灯に雪の結晶の飾りが付いていてかわいかったです。
道の駅 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック